AUS留学+IELTS対策+オーストラリア生活裏技をシェア中!

オーストラリアで成功へ

留学

どうやってオーストラリアに留学するか(準備編 No.2)

投稿日:

留学はリサーチが要!



一応おおまかな目標を決めたら語学学校・大学のコースに関してのリサーチが大切です。

いざ行ってみて思っていたのと違う!日本人ばっかりのコースで日本語しか聞こえない。っていうショックはよく聞きます。だからこそリサーチが重要なのです!!
そして、毎年開かれるオーストラリア留学フェアに参加したり、エージェントに問い合わせたりすることが大切です。話をする上で新たな目標や目指す方向が見つかるかもしれません。実際の留学生からの体験談やエージェントから説明を聞くことできますし、またパンフレットやカタログなども入手することができます。
例えば)学校によっては大学と提携しているために所定のコースをクリアするだけで、英語の試験を受けずに大学への学部、大学院進学をすることが可能になります。
それを知らないと...IELTSやTOEFLなどを何回も受けてお金を無駄にしかねないです。
やはり重要なのは...
  1. インターネットやエージェントなどのサイトから行きたい地域の学校を探す。
  2. エージェントやフェアなどで問い合わせをして学校の情報をもらう。
  3. カウンセリングなどのセッションで詳しい情報について学ぶ
  4. エージェントに問い合わせをしてレベルテストを設定してもらう(学校による)
例えばオーストラリアのメルボルンへ留学希望の方は、「メルボルン留学」とグーグルで検索すると山ほどエージェントの選択支が出てきます。
ここで重要なのがどのエージェントを使うかです。エージェントもピンからキリまであります。エージェントでもビジネスでやっているので手数料をたくさん取るだけ取って紹介する学校が日本人ばかりの学校など問題も多く聞きます。
そしてオススメしたいのが大学提携の語学学校か現地で無料でサービスを提供しているエージェントの日本代理店です。
そして次に数多くのエージェント選びで重要なのが 担当者の親身さと経験の有無です。また出張カウンセリングがある等、知識が豊富で信頼できる人に出会うことがあれば留学する上で安心もできると思います。
僕は高校時代に出会ったメルボルンエデュケーションセンターのエージェントとかれこれ12年ほどの知り合いですが、今でも彼女がオーストラリアに出張で来た時や僕が帰国した際にお会いさせて頂くほどの関係です。そして元留学生として新たに申し込む留学希望者に対してのお手伝い等もさせていただいています。
ですから学校選びやエージェント選びでは納得いくまで時間をかけてみてください。
もし取り上げて欲しいIELTSや留学の内容など、お気軽にコメント欄に希望を残していただければなるべく早いうちにそのリクエストにお答えいたします。
いつも見ていただきありがとうございます。ポチッと1クリックして頂けますと幸いです。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-留学

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2017 All Rights Reserved.