AUS留学+IELTS対策+オーストラリア生活裏技をシェア中!

オーストラリアで成功へ

IELTS対策

Part 13:ライティング対策編No.6

投稿日:2016年5月18日 更新日:

Task2:エッセイの対策解答方法:後半

前半戦の続きです。

賛成か反対か

4) "To what extent do you agree or disagree?"
この問題は答え方にたくさんの方法があります。
Improvements in health, education and trade are essential for the development of poorer nations. However, the governments of richer nations should take more responsibility for helping the poorer nations in such areas. 
 
To what extent do you agree or disagree?
この問題はどのくらい賛成か反対かを聞いています。
 
必要表現は: I completely agree/disagree, briefly agree/disagree, slightly agree/disagree, mostly agree/disagreeなどです。

ただ単にAgree/Disagreeだと程度を表すことができてないので不十分です。

この問題はイントロダクションのパラグラフでどのくらい賛成か反対か明確にしましょう。
パターン1(賛成の場合)(ex: completely agree )
イントロ:意思表示(賛成・反対)
ボディー:賛成の意見1(例などを使い理由説明)
ボディー:賛成の意見2(例などを使い理由説明)
結論     :  意思表示(もう一度まとめる)
注意点:同じようなアイデアを使うと繰り返し使われているなどと思われるので2つの異なったトピックで話すことができればいいと思います。
 パターン2(賛成・反対両方の場合)(ex: somewhat agree with A, but disagree with A)
イントロ:意思表示(ここは賛成だけど、ここは反対)
ボディー:賛成の意見1(例などを使い理由説明)
ボディー:反対の意見1(例などを使い理由説明)
結論  :意思表示(まとめ)
注意点:両方の意見を述べる際にメインの問題から逸れないようにしましょう。逸れてしまうとタスクリスポンスのみならず首尾一貫生も点数を逃します。
 
パターン3(反対の場合):パターン1と同じ (ex: completely disagree)
注意点:同じようなアイデアを使うと繰り返し使われているなどと思われるので2つの異なったトピックで話すことができればいいと思います。
 

4)からもう少し掘り下げて答える問題

5) Do the advantages outweigh the disadvantages? 
例題
People now have the freedom to work and live anywhere in the world due to the development of communication technology and transportation.
Do the advantages of this development outweigh the disadvantages? 
これは比較の問題です。問題で利点と問題点(不利な点)について話し、そして、利点が問題点よりすぐれている、もしくは問題点が利点より大きいなどを説明する必要があります。
 
イントロ:自分の立場をはっきりさせましょう。
ボディー:1つ目の理由を書く(アドバンテージの理由が上回る理由)
ボディー:2つ目の理由を書く(ディスアドバンテージが上回る理由)
結論  :まとめ

 5)と同じような傾向の問題

6) "Is this a positive or negative development?" 
例題
These days, more people are choosing to socialise online rather than face to face. Is this a negative or positive development?
 
これは良いか悪いかを答える問題です。
エッセイの組み立て方は4)と同じような形になります。
 
以上が大体出てくる問題の傾向とエッセイの組み立て方でした。慣れるまではたくさん練習して、簡単に文章を組み立てられるようにするとスピードも上がり、効率的に時間を使うことができると思います。
 
そしていざエッセイを書くときにどうすればいいのか?
 

次回はブレインストームの重要性とエッセイプランの必要性について話したいと思います。

ライティングでもメモ、アンダーライン、キーワードのチェックは必須です。

問題を正しく理解する事ができれば、ライティングのスコアは絶対上がります。

これに気付かないがために0.5足らないでお金/時間をIELTSに搾取されてしまいました。

もし感想や取り上げて欲しいIELTSや留学の内容など、お気軽にコメント欄に希望を残していただければなるべく早いうちにそのリクエストにお答えいたします。
長文でしたが読んでいただきありがとうございます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-IELTS対策

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2017 All Rights Reserved.