AUS留学+IELTS対策+オーストラリア生活裏技をシェア中!

オーストラリアで成功へ

IELTS対策

Part 14:ライティング書き始める前に必ずすること!

投稿日:2016年5月20日 更新日:

準備をせずに書き始めるのは地図なしに旅にでるようなもの

ライティングは計画が大事!

60分あるうちに、最初の2−3分でタスク2のエッセイの計画を立てましょう。

まず、問題を理解することが大切です。

ここで慌てて書き出すと大切なことを逃してしまうかもしれません。

大切なところはアンダーラインを引いたり、しるしをつけたりしましょう。

そして、前回と前々回にあるパターンを判別して、何を書くべきかメモをし始めましょう。メモは自分がわかれば何でもいいです。

そして、アイデアのブレインストーミングをします。

そして大体
イントロ 紹介は何を書く(賛成か反対か)
ボディ1 トピックを紹介(例も書き出しておく)
ボディ2      同様
結論   まとめ

という形になります。

普段テストでノートをとるのはこんな感じでとっていました。

このメモがあるのとないのではだいぶ時間の使い方もかわります。特に限られた時間のなかで素早く書きたい内容を書くことができるかが重要ですので。書く前には必ず計画を立ててください。そうでないと、途中で方向が変わったり、思いついた内容で書くと首尾一貫生がバラバラになって点数に大きく響きます。

メモは必ず作ってください。計画は必須です。普段からメモを取る練習も必要です。

もし感想や取り上げて欲しいIELTSや留学の内容など、お気軽にコメント欄に希望を残していただければなるべく早いうちにそのリクエストにお答えいたします。
長文でしたが読んでいただきありがとうございます。ポチッと1クリックして頂けますと幸いです。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-IELTS対策

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2017 All Rights Reserved.