AUS留学+IELTS対策+オーストラリア生活裏技をシェア中!

オーストラリアで成功へ

オーストラリア留学

歯!歯!歯!

投稿日:2016年6月24日 更新日:

今日は学校のタームの最後の日ですが、親知らずの抜歯手術があるので最終日に休んで病院の待合室にいます。image

留学に来る前にしたほうがいいこと

歯はお金が日本以上にかかる

前回日本に帰国した際に抜けばよかった。

日本では先進国の中で数少ない歯科が国民保険でカバーされます。3割負担だけというのは大きいです。

今は手術の待合室からこの記事を書いていますが 言えることは留学や移住前に日本で歯の治療はなるべく終わらしてください!!

その訳は 費用がかなりかかります。

親知らず抜き費用について

  1. 手術費用 : $960
  2. 入院費: $500 (保険のexcess)
  3. 麻酔費用: $650

もちろん、病院によって値段は変わります。少しはプライベート保険やメディケアで返金されますが、ネットで見た日本の歯科費用に比べると火の車状態です。親知らず2本抜くのに15-20万円飛んでいきます。

普通の歯科検診で

そして、普通の歯医者さんで綺麗に歯石除去などをしてもらうのでもプライベート保険なしだと5万円近くかかります。幸い保険をもっているので1万円程度もしくは無料で済みますが 歯は本当にお金がかかります。

もちろん、AIUの海外留学保険などの日本の留学生向け/長期滞在保険などで歯科費用の保険もあります。  が!

それでも言えることは、虫歯や歯の状態は治してから、もしくは長期間の治療が必要でない状況にしてから 留学/移住をすることをお勧めします。

そして、日本と違い、簡単な親知らずなどの日帰り手術は終わり次第痛み止めなどが処方すぐ家に帰されます。結局朝8時30から病院で家に着いたのがだいたい12時半ころでした。待ち時間は長かったですが、手術時間はすごく短かったです。

ですから、もう一度言います。日本にいる間になるべく歯の問題はなくしてしまいましょう!


オーストラリア留学 ブログランキングへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-オーストラリア留学

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2017 All Rights Reserved.