AUS留学+IELTS対策+オーストラリア生活裏技をシェア中!

オーストラリアで成功へ

IELTS対策

Part 16:IELTS文法をGrammarlyでチェックはスコアアップへの鍵

投稿日:2016年6月17日 更新日:

IELTSのライティングがなかなか伸びない場合は、文法チェックから始めましょう!

僕は以前、お恥ずかしながら永住権の条件を満たすためにかなりのお金を使ったとお話ししました。10回以上はIELTSを受けました。今となってはお金を無駄にしてしまったなと後悔しています。

特に僕の敵はライティングで、ライティングに一年以上苦しみました。特に永住権では大学院に行く以上にアイエルツの成績が求められます。

大学や大学院に行く場合は大抵の場合、6.5や6以上で十分ですが、オーストラリア永住権を自分の力(Skilled Independent/独立技術ビザ)で申請する際、最低でも7以上のスコアが必要になります。6以上でも英語力のスキルとして認められますが、7以上ないと、スキルのポイントとして認められません。

困難を乗り越えての7を全て取得できた時の喜びは今でも忘れることができません。

もちろんライティングを伸ばすのにはネイティブのチェックは欠かせません。しかし、みんながそういった条件に恵まれているとは限りません。

そしてお金を無駄にしない為にも1回で合格できるように練習することが一番です。

10回というと最低でも30万近くテストにお金をつぎ込みました。とにかく数打てばどうにかなると思っていました。

数うっても、文法がめちゃくちゃじゃあがるものもあがりません。

IELTSの練習の時からGrammarlyを使ってます。

logo_1422264146Grammarlyは無料の文法チェックプログラムです。ネイティブにチェックしてもらえないときは、自分でチェックすることができます。なかなか英語力が伸びない時にたまたま発見して、今でも仕事や大学院の課題や最終チェックなどで使用しています。とても便利でa/theがない場合やスペルのミスはもちろん、混乱しやすい表現などが表示されます。

Screen Shot 2016-06-17 at 15.01.24

Yoshikyの大学院の英文(提出前)

特に、文法はライティングの25%(Grammatical Range and Accuracy)を占めます。ここのミスが少しでも抑えられるようになると、ライティングのスコアは少しでも上がると思います。特に大学の課題などで提出前にこれを通すだけで多くのミスがこれで少なくできると思います。

これを使い始めてから簡単な文法ミスが少なくなったように思います。

そして、このプログラムは基本的に無料です。もっと難しいハイレベルのグラマーチェックだと有料版もあります。使っているブラウザーのエクステンションやアドオンにもGrammarlyはあります。

もし感想や取り上げて欲しいIELTSや留学の内容など、お気軽にコメント欄に希望を残していただければなるべく早いうちにそのリクエストにお答えいたします。
長文でしたが読んでいただきありがとうございます。ポチッと1クリックして頂けますと幸いです。

IELTS ブログランキングへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-IELTS対策

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2017 All Rights Reserved.