AUS留学+IELTS対策+オーストラリア生活裏技をシェア中!

オーストラリアで成功へ

オーストラリア日常

初、在外選挙に行ってきた!

投稿日:2016年7月4日 更新日:

前回の記事はオーストラリアの選挙制度に関する事を書きましたが、

今日は日本の選挙に関して話したいと思います。

Yoshikyは今日国民の権利である選挙権を行使してきました。やはり日本にいなくても自分の国の将来や政治に関しては少しでもいいから関わりたいと思います。在外選挙です。

在外選挙に行ってきた。

日本にいなくても市町村に領事館や大使館などを通じて手続きをすれば選挙にいく事ができます。

手続きを早めにしないと最高下の紙が届くまでに3ヶ月程度かかるそうです。

IMG_4849 copy

詳しくは(外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/flow.html)

どこで?

オーストラリアでは州都にそれぞれ領事館があるのでそこで投票をすることができます。

そして、今日はメルボルンの市内にある。領事館(570 Bourke Street, Melbourne Victoria 3000)で投票してきました。

市内の中心を横に走るBourke Street

IMG_4853 IMG_4852 IMG_4851ビルの中に入るとエレベーターで25回まであがります。

ここのエレベーターなんと

IMG_4854

行き先を押すボタンがありません!

じゃぁどうやっていきたい階に行くの?

それはここに答えがあります。

IMG_4856

日本ではこんなエレベーター見た事ないですが、ここ最近オーストラリアの新しい建物ではタッチパネルで行き先を事前予約するパターンが出てきているみたいです。タッチパネルがフロアに何箇所もあり、そこから自分のいきたい階を押すとエレベータの番号が表示されるので表示されたエレベーターで直通を言う感じになるみたいです。おもしろいですね。

いざ投票へ!

領事館の中に入ると身分証明書と在外選挙人証の確認がなされます。そして、本籍地の選挙管理委員会向けに封筒に選管住所を記入します。

IMG_4855その作業が終わるとようやく投票へ、基本的な投票作業は日本と同じですが、候補者を選ぶ際は分厚いファイルを渡され、その中から各選管の候補者の方々のリストを探して名前を投票用紙に記入する形をとりました。

投票が終わると、メルボルン領事館内で選挙管理委員会の人々によって最終確認、証人サインなどがされて終了です。投票用紙は封筒にいれられ各地方自治体に郵送され、7月11日の国政選挙の際に日本でカウントされます。

選挙自体は5−10分程度でおわります。

オーストラリアでも日本の選挙なので前回の記事の様なホットドックはありませんでしたwww

さて、

日本の将来がかかっている選挙です。オーストラリアと違って選挙は義務ではありませんが、イギリスのEU脱退の国民投票でも。EU脱退に入れた人の多くが、どうせ何も変わらないやよく意味もわからず投票して後悔しているといくつか記事をみました。義務ではありません、でも18歳以上に与えられた権利です。ぜひ選挙に行ってください。

ではでは!!


オーストラリア留学 ブログランキングへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-オーストラリア日常

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2017 All Rights Reserved.