AUS留学+IELTS対策+オーストラリア生活裏技をシェア中!

オーストラリアで成功へ

IELTS対策

IELTS タスク1の答え方(折れ線グラフ編)

投稿日:

IELTS のアカデミックライティングのタスク1にはいくつかの種類がありますが、今回は一般的なIELTSでよく見かけるグラフです。

折れ線グラフについての書き方を紹介します。

ステップ1

まずステップ1として、どのグラフか判別しましょう。このグラフはline graph かgraph で紹介できます。

そして、どんな情報が書かれているか判別しましょう。X軸とY軸の情報、グラフのタイトル、線の動きは1日を通しての乗客の数の上がり下がりです。

KEYWORDS

Tokyo Subway Station Passengers

Number of passengers/people

Travelling/using the subway during the day

の以上の情報をまず読み取りましょう。

ステップ2:トピックセンテンスでこのグラフについて紹介しましょう。

例1)The graph shows the fluctuation in the number of people at a Tokyo subway station over the course of a day.

例2)This graph shows the number of passengers travelling on the Tokyo Subway during the day.

例3)The/This graph illustrates passenger numbers using the Tokyo Subway during the course of the day.

ステップ3:情報、状況の変化について説明します。

一般的に使われている上昇・下降の表現集は

以下のようなものですが、自分で以下のようなリストを作って、どんどん表現を増やして行きましょう。

Flat Go Up Go Down
Remain flat Increase Decrease
Steady Climb Drop
Stay flat Grow Decline
Rise Dip
Skyrocket
Steep increase
Sharp increase

ステップ4:文に含み、表現で変化を説明してみましょう。

例1)This graph shows/illustrates how passenger numbers grow/increase/rise during peak hour.

例2)The graph shows/illustrates how passenger number fall/decrease/drop/decline/dip when rush hour has ended.

ステップ5:状況をもっとくわしく説明して行きましょう。ここでは形容詞が重要になってきます。

そして、形容詞と名詞を合わせた表現集も重要になってきます。

  • 動詞+副詞(Sales of tickets rose sharply over the last few months)
  • 形容詞+名詞(There was a sharp rise in ticket sales.)
  • There is/are
  • There was/were
  • There has been/have been

形容詞と名詞を使った表現は他の表現より、フォーマルな意味になります。

形容詞と名詞を使った表現方法

形容詞

(容量の変化 )

形容詞

(スピードの変化)

名詞
A dramatic

sharp

substantial

considerable

significant

slight

consistent

 

rapid

quick

swift

slow

steady

immediate

 

rise

increase

recovery

growth

ステップ6:ステップ3・5の表現を使って傾向を表してみましょう。

Going Up

例1)Passenger numbers rose considerably between 6 am and 8 am with a rise of travellers from 100 to 300.

例2)The number of station entrants increases significantly between the hours of 6 and 8 am peaking at 300 users.

Going Down

例1)The number of passengers decreased consistently after 8 am from 300 passengers down to 180 by 9 am.

例2)Passenger numbers drop off sharply after 12 am to reach 100 by 2 pm.

Remain Flat

例1)The number of passengers remain flat during the peak hour at around 250 passengers.

傾向を表す表現集

  • remain steady
  • fluctuate
  • increase slightly
  • decrease dramatically
  • decrease slightly
  • increase rapidly
  • rise dramatically
  • plunge
  • drop suddenly
  • stay the same
  • go up a little
  • go down slightly

ステップ7:色々な情報をあわせましょう。

いくつかの情報がそろったら、段落にして、情報を説明しましょう。

ステップ1から順をおっていくと、だいたい情報が準備できたと思います。ここで確認すべき情報は時間軸の情報、乗客数、乗客の量の変化について時間は最低限必要な情報です。そしてIELTSのタスク1で必要な150語以上を必ず超える必要があります。

さて、例として上のグラフについて書いてみます。

 

The line graph illustrates the number of the Tokyo Subway Station users on a typical day. 

The passenger numbers experience fluctuations throughout the day. Especially the first significant increase of the passengers from 100 to 300 is seen in the morning peak periods between 6am and 8am. Then it has a drop to 150 by 9 am. By 10am, the numbers increases once again to around 250 passengers. Throughout the lunchtime, the number remains steady. After 1 pm, it shows a huge drop down to 100 passengers.

Another peak period comes around 3pm. The Tokyo Subway Station experiences dramatic increase in the number of the station users and it reaches at the peak of around 400 passengers by 4pm. In the next three hours, this number is going down gradually. Although there is a slight increase around 8 pm, by 10 pm, station becomes as quiet as 6am. (150語)

というような感じになります。もちろんこのグラフは1本の折れ線グラフですので書くことがあまりありませんが、いくつかの情報が混ざった内容になると複雑になり、150語以上は簡単に書くことができると思います。

もし感想や取り上げて欲しいIELTSや留学の内容など、お気軽にコメント欄に希望を残していただければなるべく早いうちにそのリクエストにお答えいたします。
いつも見ていただきありがとうございます。ポチッと1クリックして頂けますと幸いです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-IELTS対策
-, ,

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2017 All Rights Reserved.