AUS留学+IELTS対策+オーストラリア生活裏技をシェア中!

オーストラリアで成功へ

オーストラリア日常 留学

到着後すぐにでもしたいこと

投稿日:

オーストラリアに来てすぐにしたいこと

• 銀行口座の開設<—今回はここ!
携帯電話のSIMカード取得(プランやプリペイドの選択)
• Tax File Number の取得(アルバイトや仕事をする際に必ず必要になります)

1. 銀行口座開設方法

オーストラリアに来てまずしたいことが携帯電話電話番号取得ですが、銀行も同じぐらい早く開設してしまいたいです。オーストラリアに到着から6週間以内であれば比較的簡単に銀行が開設できます。6週間以上になると、追加書類など求められます。また来てすぐに大金を持っている場合はセキュリティーの面からも手取り早く作ってしまいましょう。

a. 開設に必要なものは次の4つ(もしくは5つ)

i. パスポート/ID
ii. カード情報送付先住所
iii. 携帯電話番号(取得方法はここから)
iv. 最初のデポジット金額(1ドルから50ドルくらい)
v. 学生であれば現地学校学生証

b. どの銀行にすればいいの?

i. 銀行の種類

オーストラリアにはBIG4と言われる4つの有名な銀行があります。
• Australia and New Zealand Bank (ANZ銀行)
• Commonwealth Bank(CBA:コモンウェルス銀行)
• National Australia Bank(NAB:オーストラリアナショナル銀行)
• Westpac Bank (ウエストパック銀行)
この4つのうちであれば基本的なサービスなどは同じです。しかし支店やATMの数など銀行や地方都市によって大幅に変わってきます。大きな都市であれば基本的にどの銀行もありますが、ワーホリなどで地方都市に行ったりする場合はATMや支店の数も重要になってきます。

ii. Yoshikyが使っている銀行

Yoshikyはオーストラリアに来て以来CBAをメインの銀行として使用しています。大きな理由としてはATMの数が他の銀行より多いことです。特にCBAはセブンイレブンのATMからもお金を無料で引き出すことができます。オーストラリアのセブンイレブンは日本と違ってコンビニだけでなくガソリンスタンドも営業しています。CBAの客であればいつでも手数料なくお金を引き出すことができます。

Bank WestのATM:7/11店内中程にあります。CBAのATMでもあります。

またこれはオーストラリアの銀行に共通することですが、またオーストラリアの銀行は毎月口座維持費がかかります。(多くの場合簡単に免除できます)しかし、オーストラリアでは基本的に24時間お金が自分の銀行であれば無料で引き出せます。夜お金が足りないって行った時もATMから簡単に無料でお金下ろせます。日本ではキャッシュコーナーが営業時間外だと手数料を取られたり一部のコンビニでしか使用できなかったりする場合があります。また基本的に学生証を提出すれば色々な手数料などが基本的に無料になります。

2. 銀行口座の種類

口座にはたくさんの種類がありますが、基本的に2つあれば十分です。開設時にいろいろと勧められると思いますが、アカウントが増えるとその分管理も面倒になります。 だからこの2つぐらいに絞っておきましょう。
a. Saving Account (普通預金口座)
b. Online Saver (オンライン預金口座)
上の2つがあれば一般的な生活には十分です。Savingアカウントを開設するとおそらくデビットカードも送られて来ます。またオンラインセーバーアカウントは年利2−3%ぐらいなのでお金を貯めておく分には結構うれしいです。日本はマイナス金利で利子がほぼないですが、ある程度口座に5000ドルから1万ドル程度あるとまとまった金額と月1000−3000円程度の利子が入ります。もちろんお金があればあるほど利子も多く返金されます。

3.実際に口座を作る方法

オーストラリアの都市であれば基本的にどこでも支店はあります。まず受付もしくはinformationと書かれたデスクに行きます。そこで I would like to open a bank account と言えば口座開設の担当者が手伝ってくれます。そこでパスポートや必要書類を持参します。ビザの種類なども聞かれると思います。基本的にYes/Noで通じるような内容ですので怖がらなくても大丈夫です。アドレスとかも聞かれるのでホームステイや滞在先住所はメモしておきましょう。アカウントの種類などを選んで初期のデポジットをすればその日は終了です。また作った際にネットバンキングもセットアップしてもらえます。カスタマーナンバーとパスワードが発行されます。6日後営業日程度でカードが送付されて来ます。

4.カードが届いたらアクティベート

カードが届いてもアクティベートされていなければただのプラスチックの板になってしまいます。オンライン(ネットバンキング)からもできます。カードに貼られているシールのURLにアクセスして、カード番号を入力してActivateをクリックすれば使用可能になります。またネット環境がない人は支店に行けばそこでアクティベートしてもらえます。
もちろん、日本でも口座開設ができますが、オーストラリアの銀行の日本支店はだいたい東京に集中しているので地方在中の人がわざわざ東京に行って口座開設したほうがいいといえばあまりメリットはありません。それに口座開設手数料がかかります。現地ですれば無料で簡単な英語で開設可能です。

5.普段のお金の管理はスマホやネットバンクから

オーストラリアではネットバンクが主流です。 カードが届いたらほとんど支店に行くことはないと思います。基本的な操作、申し込み、送金はオンラインで無料でできます。

コモンウェルス銀行のアプリ

まとめ

• 到着6週間以内に口座開設を!
• オーストラリアの銀行は24時間お金の引き出しが可能。オンラインでのお金の操作も可能
• CBAがATMの数が多い(7/11でも引き出し可能)
• 手数料が学生証提示/最初の一年は無料
• アカウントは2つ程度がGOOD(Plus オーストラリアは金利が日本より高い)

もし取り上げて欲しいトピック等ありましたら、お気軽に下のコメント欄よりご連絡ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-オーストラリア日常, 留学

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2017 All Rights Reserved.