AUS留学+IELTS対策+オーストラリア生活裏技をシェア中!

オーストラリアで成功へ

オーストラリア日常

オーストラリアで病気になった、そんな時は

投稿日:

オーストラリアで病気になったらどうすればいいの? ブックマーク必須!

オーストラリアで病気やケガをした場合どうすればいいのか?

緊急や事故の場合は 000 (トリプルゼロ)に電話して、救急車であればアンビュランスプリーズ、車両事故やトラブルの場合はポリスプリーズで大丈夫でしょう。

海外旅行保険がある場合

この場合は比較的簡単に対応することができます。特に滞在エリアが大きな都市の近くの場合日本語通訳常駐で保険適用可能な日本語医療センターやパラマウントクリニック(メルボルン)があります。メルボルンの場合電話をして予約をする形になります。行く際に海外旅行保険の契約番号もしくは保険証のコピーなどが必要になりますので情報をメモしたり写真に取っておくことが大事です。病院についた際に書類に記入して診察してもらう形です。日本人の通訳の方が手伝ってくれます。仮に症状が専門家に見てもらう必要がありそうな重症の症状の場合でも手続きを代わりにしてもらうことができます。Yoshikyの場合皮膚科にかからなけらばいけないほど肌があれてしまいました。初めは日本語医療センターの一般医に見てもらいましたが、そのあと、専門医の先生に診察してもらうこととなりましたが日本語医療センターのスタッフの人が専門医のクリニックにも引率でついてきてくださり支払い手続き等全てしてもらいました。あと処方箋も保険で手続きをしてもらえるので簡単です。保険を更新する時のみ家族の人にしてもらう必要がありますが基本的にはすべて簡単です。Yoshikyは毎年更新してAIUの留学保険
を使用していました。基本的な手続きはすべて医療センターにしてもらいました。

メルボルンではコリンズストリートにあります

バークストリートにあります。

仮に日本語センターで診てもらえなくても

レシートなど全ての情報を残しておきましょう。レシートがあればかかった費用が返金されたり、医者に所定の用紙に記入してもらったり、証明書を発行してもらったりして記録を残しておけば手続きをして費用が返金されます。

またベットから動けないほどの熱などで実際にGPまでいけない場合13DOCTOR(13 362867)に電話して訪問してもらうこともできます。この場合は医者のスケジュールなのですぐにはきてもらうことができないかもしれませんが、訪問医に診察してもらい、処方箋等も処方してもらえます。しかし、緊急の場合は000を!

オーストラリア現地の健康保険やOSHCのみの場合

日本の留学保険がなく、オーストラリア現地の健康保険や留学生保険しかない場合、まず近くのGP(general practice)に電話をして予約をしましょう。場所によっては予約なしで直接GPに行って順番を待ってみてもらうことができます。

診療所・クリニックについたらまず受付をします。基本的に診察料が前払いになります。支払いは多くの場合クレジットカードもしくはエフポスカードでの支払いになります。現金での支払いも可能ですがカード決済が望まれています。

現金が現場にありませんという表示、カード払いが基本です。

OSHC提携の診療所は健康保険カードを出せば無料になったり、GAP FEEという政府に一部のみ負担されて差額のみを支払うケースがあります。予約をする際にOSHCと提携しているか聞いてみることをおすすめします。また

アリアンスOSHCの提携病院検索リンク

メディバンクOSHCの提携病院リスト

BUPAOSHCの提携病院検索

などのリンクから対応病院を探してなるべく高額な出費がないようにGPを探しましょう。緊急の際は000に電話してください。

専門医に見てもらう場合はGPから専門医宛に推薦状を書いてもらいます。この推薦状があるかないかで診察料が大きく変わるそうです。普段は推薦状をもらうのですが、専門医の受付の人の話によると推薦状なしでは政府負担がなくなるそうです。もちろん見てもらう専門医によりますが、場所やDRによって同じ症状の病気を見てもらうのにも値段が変わります。また日本と違って予約するのにも数週間待ち、長くて数ヶ月待ちなど余裕であります。

実際に症状を診察してもらう際にも日本とは違いオーストラリアでは一回あたり最低でも1万円ー1万五千円以上コンサルテーション料としてかかります。(高いです!)

留学生保険の場合、後日支払った際のレシートを保険会社の対応ページから返金の申請をし、一部返金されます。

最終的に突然の病気や事故などは仕方ないですが、皮膚の弱い人や既に病気を患っている人は日本出国前に医者に薬を半年、できれば滞在期間中がカバーできる量の処方箋をお願いして処方してもらいましょう。

まとめ

緊急や事故の場合は000(トリプルゼロを!

海外留学保険は滞在中の出費を大幅に下げることができます。プランによっては緊急時の家族サポート可、日本語でのサポートありで安心!

現地留学生保険は最低限のカバーのみ、出費等抑えるために既存の病気などは日本で事前に治療を済ますもしくは滞在期間中の処方箋などを確保しておく(1年分の薬代の方が専門医に診察してもらうより安くあがると思います。)

OSHC対応病院を保険会社ホームページより探す。

 

もし取り上げて欲しいトピック等ありましたら、お気軽に下のコメント欄よりご連絡ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-オーストラリア日常

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2017 All Rights Reserved.