AUS留学+IELTS対策+オーストラリア生活裏技をシェア中!

オーストラリアで成功へ

オーストラリア日常 留学

AUSでも買えるけど日本から持って来るべきもの

投稿日:

オーストラリアはここ数年でだいぶ日本のものも気軽に買えるようになりました。ダイソーやユニクロや無印良品やら日本で身近な企業がメルボルンにも出店しています。

しかし、今回は長期滞在なら日本から絶対持って来た方がいい、もしくは事前に購入したほうがいいものについて書きます。特に多くの場合他のサイトがリストなどで持って来た方がいいものなどを出しているので今回は個人的に帰国時に購入すろものや買い漁るものについて話したいと思います。

一時帰国時や事前に購入しておいた方がいいもの

メガネ!(目がよければとばしてください!)

オーストラリアのプライベート保険に入っていれば毎年2万円程度の補助金はでますが、それでもレンズ、フレームなどを揃えると結局その2万円を超えて出費がかさみます。特にレンズが高くつきます。2万円で収まるようなメガネは質もあまりよくないものも多く、すぐ壊れたり、重量があったり、レンズ自体も傷がつきやすかったりで持ちがよくありません。Yoshikyは毎年のようにメガネを変えていました。そのたびに出費がかさんでいたので今回は帰国時にメガネを新調することにしました。

今回Yoshikyが帰国した際に以前から話題になっていたパソコン用メガネ(ZOFF)を購入しました。

今回は学校の修学旅行先の最初の目的地である名古屋に滞在していたので、名古屋の高島屋で購入しました。今思うと店内の写真等とればよかったなと思いますが、ZOFFは名古屋高島屋ゲートタワーモールの7Fにあります。安ければ3000〜5000円程度で度付きのメガネを作ることができます。

今回はパソコン用メガネ度付き+傷防止コーティング+ブルーライトカットコーティングのメガネを作りました。

視界的にはiphoneのおやすみモードを少しかけたような黄色がかった色合いです。

全て消費税混みで11800円でした。それと海外在住ということで、のちに高島屋の免税カウンターで消費税の800円が返金されました。レンズが度付き、特殊加工ということで最大10日程度かかると言われましたが、8日後に最後の滞在先であった東京のホテルで無事受け取ることができました。そこはやはり日本のサービスの素晴らしさです。オーストラリアだと郵送という面では紛失があったり遅れたりと不安になりますが日本ではよっぽどのことがない限り時間どうりにものが受け取れる、本当にすばらしいです。

ZOFFメガネを使って2週間になりますが、薄黄色の視界にはなれました。またUV98%カットの加工もされているのでよっぽど日差しが強くない限りはサングラスをかけずにこのメガネのままでだいぶ足りています。来週から仕事復帰でパソコンを長時間使うようになるので効果のほどを確かめたいと思います。またレビューのブログも投稿します。

普段生活する上であると便利

歯ブラシ

オーストラリアでももちろん値段もそこそこで買うことができます。だいたい一本3ドル程度から。まとめ買いで買えば多少は安くはなりますがしかし、歯ブラシの頭の部分が大きいだけでなく毛が硬く太いです。コールゲートとかオーラルビーの製品で、面積が広いわりにあまり磨けていない感じがします。何度も使ったことがありますが、ただデカイだけで磨きにくいです。それに大きいが故に歯茎にも傷がつきます。また小さめの面積で毛先が細いのを選ぼうとすると歯ブラシ一本で4−6ドルの出費になります。歯ブラシ一本に5ドルはちょっと。。。。

やはり痛感するのは日本の歯ブラシが一番日本人の口にあっていると思います。日本ではデンタル製品を各社が競い合って歯ブラシを開発していますから磨きやすくそして何よりも一本一本を安く購入できます。いつもYoshikyは帰国前にアマゾンで大量注文5−10本程度注文して日本帰国時に自宅で受け取れるようにしています。Yoshikyはいつもこの歯磨きを毎回帰国時に購入しています。


あと歯磨き粉も同じような理由です。一本あたりの値段で考えると高くつきます。だから日本帰国時にアマゾンで注文するかドンキなどでクリアクリーンやデンターを大量に購入してオーストラリアに持ち帰ります。ドンキとかだと安い時は歯磨き粉一本90-100円とかで買えますが、時間がない時はアマゾンさまさまで購入します。

スニーカーやスポーツシューズ

オーストラリアはまず高い!そして種類が少ない!そしてサイズがあまりない!安い=質悪し

特に帰国した際は近くのショッピングセンターにあるABCマートとかで5000円で売っている値引きされたナイキやアディダスの靴を購入しています。この前日本で買ったナイキの靴が4200円でしたがオーストラリアで全く同じ靴を見つけましたが値段はなんと105ドル。は!?は!?は!?ってなりましたよ。倍以上の値段でした。もちろんブランドの靴でも日本でもオーストラリアでも同じように値段設定がされているものもあります。

くら寿司やかっぱ寿司で売っている粉末緑茶

現在はくら寿司の粉末緑茶を飲んでいます。かっぱ寿司やオンラインで購入した粉末緑茶も愛用中

くら寿司やかっぱ寿司で売っている粉末緑茶はコストパフォーマンスが最高です!水でもお湯でもお茶が出せるので夏には氷水に混ぜ、冬にはあったかいお湯に混ぜてお茶を作れます。Tパックなどいらず一振りで必要分量が出てくるので家にも職場にも一缶ずつ常備しています。くら寿司やかっぱ寿司で500円で売っています。粉がなくなるまでに最低でも300杯のお茶は作れます。粉末の玄米茶です。持っておいて損はない一本です!

近くにくら寿司やかっぱ寿司がない方でもオンラインで同じような商品を購入することができます。過去に購入したなかで特に美味しかったお茶はこの商品です。日本滞在期日が短い時はくら寿司行く余裕がない場合が多いので、事前購入し家に送っています。送料も無料なので簡単に注文できます。2つで1000円です。

炊き込みご飯の素

これはYoshikyには絶対欠かせない商品です。大量購入します!スーツケースの一番下の所にパズルのように並べて持って帰ります7−10回分持っていきます。ちゃんと申請すれば税関も問題なく通れます!もちろんオーストラリアでも購入は可能です。でも一パック600−800円ほどします。セールになっていても400円程度するので炊き込みご飯が好きな人はもって来た方がおかずが少ない時などに重宝します!

特にコストパフォーマンスなどで考えるとの二種類が最強です。

まさに特に今日今もブログを書いている間に、その炊き込みご飯を作ったところです。

久々のブログでしたが読んでいただきありがとうございます。大学院の課題、高校の課題添削、高校の修学旅行とここ2ヶ月様々なことがあったのでなかなかコンピューターの前にゆっくり座って書く時間がありませんでした。大学院の課題がもう一つのこっていますが、それが片付けばもっと投稿数が増えると思います。

お役に立てると幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-オーストラリア日常, 留学

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2017 All Rights Reserved.