AUS留学,IELTS対策、そして国際恋愛、仮想通貨まで幅広くオーストラリアでの生活をカバー

オーストラリアで成功へ

カテゴリー

オーストラリア日常

オーストラリアで車両事故にあった?そんな時は

投稿日:

車の事故っていつ起こるかわからない

そんな時はどうするのか?

まず安全の確認

日本でもそうですが、まず事故後に安全の確認をしてください。怪我人などや車両の火災の恐れなどがないかを確認。怪我人、当て逃げなどがあった場合は000(トリプルゼロ:警察もしくは救急車を呼んでくださいい:救急車を呼べば自動的に警察も来た覚えがあります)に連絡をします。

簡単な事故(大規模ではない場合):運転免許書と連絡先を交換します。

自分が被害者であろうが加害者であろうが、連絡先:免許証、電話番号、保険の有無、ナンバーなどを確認してください。相手が見せなかったり、交換を拒否する場合は警察を呼びます。(多くのケースはちゃんとした人ですから交換します)警察を呼んで事故証明を書いてもらいます。(保険を申請する場合に必要になる場合があります)

よっぽどではない限り警察を呼ぶ必要はありません!

大事故の場合

かならず安全を確保して、警察に通報しましょう。道路整備など安全確認等を助けてくれます。

ダメージの写真(証拠写真をとります):周りの安全に十分配慮して

相手のナンバープレートなど全て証拠品の写真をとります。(駐車場に停めている間にぶつけられました)

相手がいない場合(ぶつけられた、ぶつけてしまった場合)

被害者の場合は運とぶつけたドライバーのモラル次第です。Yoshikyの車は駐車場に止めている間にぶつけられてしまいました。幸いぶつけた方が正直に車にメモを置いておいてくれたので助かりましたが、ない場合は泣き寝入りになってしまいます。

ぶつけてしまった場合は:連絡先等をメモして車に貼っておくかワイパーに手紙のような感じで残しておきましょう。

保険の申請

相手が加害者の場合で保険に加入している場合は、相手から保険を申請してもらいましょう。そして申請後にリファレンスナンバーが保険会社から出るので、加害者の人に必ず聞いておきましょう。

相手が被害者の場合は自分で自分の保険会社に連絡して、手続きをします。

申請後は保険会社からの連絡を待ちます。

しばらくすると保険会社から車を修理をするための連絡がかかって来ます。指定された場所に車を持っていく、もしくは自分の希望する車の修理工場に持っていくことになります。

リファレンス番号が出てからYoshikyは腕のいいパネルビーター(板金屋)にすぐ持っていきました。そこから保険屋のやりとりなど全てその板金屋がやってくれます。そこで保険屋と電話をして、その板金屋を使う旨を相手の保険会社に連絡します。

ダメージが大きい場合:代車が支給されます。

ダメージが大きい場合は相手の保険会社がレンタカーを修理期間中支給してくれます。

車の返却

修理が終わると板金屋・保険屋から連絡があります。

最後に

保険を使うと次年度から年会費等があがりますが、後々のトラブルがあった場合など保険会社を通じてやっている方がトラブルがおきにくいです。安全運転を!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYoshikismをフォローしよう!

スポンサー

スポンサー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Yoshiky12

Yoshiky12

高校の英語でつまづき十段階で二が一般化。高校の修学旅行が転機となり英語のもう勉強が始まる。紆余曲折を経てオーストラリアメルボルン大学を卒業、2014年にはオーストラリア永住権取得

-オーストラリア日常

Copyright© オーストラリアで成功へ , 2018 All Rights Reserved.